公認会計士の道のり

勉強公認会計士の資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。受験資格は設けてないため、多くの人が受験できるように放っていますが、難易度は高く合格が簡単なわけではありません。社会人講座を活用していくポイントもここにあります。独学では太刀打ちできない難易度にもなってきており、いざ始めてもどこから手をつけていいのかもわからないでしょう。

試験実際に公認会計士の試験の問題点は、筆記試験にもあります。まずは短答式の試験に合格したのちに、論文式試験を受験して合格しなければいけません。マークシートと異なり、確かな知識がなければ合格は難しいといえます。付け焼刃では対応できないレベルとなってくるため、社会人講座のように知識を得られる場所が必要となってきます。論文式試験は年に1回しかないところも大きなハードルとなるでしょう。

現場での実務補助経験二年も必要です。監査法人や会計業務を主とする企業で経験を積まなければ、資格を利用していけません。つまり、ただ単に合格すればいいわけではないところも、大きなハードルとなってきます。最終考査として日本公認会計士協会による修了考査も受験しなければいけません。長い道のりが待っているのですから、社会人講座を活用して、少しでも効率よくしていかなければいけないでしょう。


関連記事