公認会計士の道のり

勉強公認会計士の資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。受験資格は設けてないため、多くの人が受験できるように放っていますが、難易度は高く合格が簡単なわけではありません。社会人講座を活用していくポイントもここにあります。独学では太刀打ちできない難易度にもなってきており、いざ始めてもどこから手をつけていいのかもわからないでしょう。

試験実際に公認会計士の試験の問題点は、筆記試験にもあります。まずは短答式の試験に合格したのちに、論文式試験を受験して合格しなければいけません。マークシートと異なり、確かな知識がなければ合格は難しいといえます。付け焼刃では対応できないレベルとなってくるため、社会人講座のように知識を得られる場所が必要となってきます。論文式試験は年に1回しかないところも大きなハードルとなるでしょう。

現場での実務補助経験二年も必要です。監査法人や会計業務を主とする企業で経験を積まなければ、資格を利用していけません。つまり、ただ単に合格すればいいわけではないところも、大きなハードルとなってきます。最終考査として日本公認会計士協会による修了考査も受験しなければいけません。長い道のりが待っているのですから、社会人講座を活用して、少しでも効率よくしていかなければいけないでしょう。


関連記事

公認会計士の資格

会計士会計の専門家である公認会計士は、世界各国に存在する資格です。日本では、会計監査を独占業務としている資格であり、経理業務やコンサルティング業務もおこないます。財務諸表監査をおこなうことが主な仕事になりますが、適正に表示されているかどうかを、独立した立場から見ていくことが重要となるでしょう。それだけに高い能力が必要であり、簡単に取得して業務でおこなうことができません。これは、財務諸表の情報によって、投資者や債権者に対して大きな利害関係が発生するからです。こうした面からも、資本市場の番人とも呼ばれる資格となっています。

税理士と似ているところもありますが、独占業務が異なり、案件的にも異なる業務が特徴です。独占業務は税務業務であり、税務に関する申告が中心となってきます。対象となる規模も個人や中小企業が多くなってくるところも特徴といえるでしょう。

公認会計士の資格は、士業資格の中でも大変難易度が高い試験でも知られているのが特徴です。独学で合格するのは、非常に難易度が高い資格ともいえます。実際に知識も必要ですが、合格するためのテクニックも知らなければいけません。資格取得というだけでも、大きなハードルが待っているのですから、いかに難しい業務内容なのかも判断できるでしょう。

合格を目指す場合には、社会人講座を活用していくところがポイントです。これから取得を目指すのであれば、参考にしてロードマップを定めてみてはいかがでしょうか。


関連記事